「ヨーロッパにウクライナのための武器は残されていない」-ポリティコ紙

キエフは武器供給が減少する中、「自給自足」を望んでいるが、そのためには数十億ドルの西側援助が必要である、と同ニュースは伝えている。

RT
3 Oct, 2023 11:30

EU諸国は、自国の防衛に妥協することなく、ウクライナに可能な限りの武器を供与している、と『ポリティコ』が欧州政府関係者の話を引用して報じている。キエフは、欧米の支援に「亀裂が入る」ことで、武器供給と資金注入の両方の削減に直面しているという。

「我々は自国の備蓄を提供し続けることはできない。強固な政治的支援はまだあるかもしれないが、自国の安全保障を脅かさない範囲での支援はすべて行ってきた。」

このコメントは、先週キエフで開催された国際産業防衛フォーラムの取材の一環としてポリティコ社に提供されたものである。

火曜日には別の記事で、ウクライナ政府への資金提供に対する支持は「かつてないほどの亀裂を見せている」と伝えている。

先週、アメリカ議会が臨時予算で援助金を割り当てなかったこと、選挙戦でウクライナへの援助を止めると宣言したスロバキアのロバート・フィコ前首相が選挙で勝利したこと、キエフがポーランドと外交問題で対立していること、これらすべてが「冷ややかなメッセージ」を発している。

ウクライナ政府は来年、国際ドナーから少なくとも428億ドルの援助を受ける予定である。

EUの共同予算をめぐる争いが予想されるため、現時点では「誰も何も予測する勇気がない」と、ある外交筋はニュースメディアに語った。別の外交官は、ヨーロッパにおける「部屋の中の大きな象」は、ワシントンがウクライナを見捨てかねないという懸念だと語った。

キエフでのイベントは、国内での軍事生産を強化する努力の一環である。ドイツのラインメタルとイギリスのBAEは、ウクライナに生産施設を開設することを約束している。キエフの目標は、「ヨーロッパのイスラエルー自給自足だが他国からの援助もある-」になることだと、ワシントンを拠点とするウクライナの擁護者ダニエル・ヴァジディッチはポリティコに語った。

ウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、フォーラムで演説した際、「没収されたロシアの資産」を使って、提案された増強の費用を支払うという考えを持ち出した。デニス・シュミーガル首相は、提案されているプラントは安全ではないと指摘した。シュミガル首相は、ウクライナの37の施設がロシアの攻撃によって被害を受けたと述べた。

ロシア当局は、ウクライナにある外国資本の武器製造施設は合法的な軍事標的として扱われると強調している。ドネツク人民共和国のデニス・プシーリン代表は、月曜日のインタビューでこの方針を繰り返した。

www.rt.com