強硬発言にもかかわらず、イランは「イスラエルを攻撃するよりはまし」だと知っている

イランの指導者たちは、イスラエル(あるいはアメリカ)との公然たる対決が、彼らの不人気政権に存亡の危機をもたらすことを十分に認識している。

アヤトラ・アリ・ハメネイ師は、イスラエルのガザでの戦争は地域全体に暴力的な反応を引き起こすだろうと警告した。写真 イラン最高指導者事務所
Shahram Akbarzadeh
Asia Times
October 27, 2023

イランは、イスラエルがガザ地区への執拗な砲撃を止めなければ、「多方面」から深刻な結果を招くと警告した。

この警告は、イランが同盟国や代理人を通じて紛争に参戦する意思を表明したものと広く解釈されている。すでにイスラエルとレバノンの国境を越えて低レベルの小競り合いを繰り広げている過激派組織ヒズボラと、シリアのアサド政権は、いずれもイランと緊密に連携している。

イランが敵対的なレトリックをますます強めていることから、ワシントンとテルアビブは、テヘランが交戦命令を出した場合、そしてその時にどうするかを熟慮してきた。

イスラエルのイランに対する立場は妥協のないものだ。過去には、イランの核施設への外科的攻撃を提唱し、イランの核科学者の暗殺に関与したこともある。

イランがガザ紛争に参戦する可能性は、敵対関係に新たな章を開くことになる。

軍事的・政治的影響

イスラエルへの警告にもかかわらず、イランはイスラエルの厳しい反応を恐れて、紛争に直接参戦する道を取りたがらないようだ。

その結果、イランはイデオロギー的レトリックと政治的便宜の間で難しいバランスを保っている。しかし、イランは火遊びをしている。イランが維持しようとしているバランスは、予測不可能な戦争の霧の中で簡単に崩れる。

テヘランの公式路線は極端だ。イスラエルの生存権を否定し、イスラエルを国家としてではなく、シオニスト的存在としている。イランの公式声明は、反イスラエルの暴言に満ちている。

6月、テヘランは最新のミサイルを発表し、イスラエルに届く射程距離を誇った。ミサイルを知らせる横断幕には、ペルシャ語、ヘブライ語、アラビア語で「テルアビブまで400秒」と印刷されていた。


「テルアビブまで400秒」とアラビア語とヘブライ語のキャプションがついた新しい横断幕がテヘランに掲げられ、IRGCが最近発表した「ファタハ」ミサイルが紹介されている。イスラム共和国は、ファタハは発射後400秒でイスラエルを攻撃できる「極超音速」ミサイルだと主張している。画像 ツイッター

このメッセージは支配体制のイデオロギーに不可欠であり、支持者の叫びでもある。

反イスラエル、反米の毒は、最高指導者アリー・ハメネイとエブラヒム・ライシ大統領の下でイランを統治する強硬派の政治的言説の定番である。この派閥は、司法、議会、イスラム革命防衛隊を掌握することで強化されている。

実際、強硬派からは現在、イスラエルを破壊するという約束を実行に移そうという声が上がっている。ハメネイの代弁者として知られる『カイハン・デイリー』紙の編集長は、イスラエルに対する公式宣戦布告を呼びかけている。

しかし、当局は死を望んでいるわけではない。イスラエルとの公然の対決、あるいはイランの代理人による対決でさえも、イランにとっては大きな代償となりうることを彼らは十分に認識している。イランの施設に対するイスラエルの軍事的報復だけでなく、自国民からますます不人気になっている政権への政治的影響も考えられる。

イラン国民は、イスラエルに対する政権のイデオロギー的熱意に幻滅しており、それを汚職や経済的苦境、国民を養えない政府の無能さを隠すための策略と見ている。

「ガザでもレバノンでもなく、私はイランのために命を捧げる」という、過去10年間の抗議デモでしばしば聞かれた聖歌は、支配体制と国民との間の隔たりを鮮明に思い出させる。

マフサ(ジーナ)・アミニ殺害事件後、イラン全土で広まった抗議行動は、昨年における政権の不人気の深さを示している。このことから、イスラエルとの軍事的対決は、政権にとって予測不可能な政治的結果をもたらす可能性がある。

レトリックの人質

イランの支配体制は、公然の敵対行為を避けるため、米国とイスラエルのレッドラインを意識してきた。

たとえば、2020年1月にアメリカが戦争の英雄カセム・ソレイマニを暗殺した後、イラン当局は激怒し、「厳しい報復」を約束した。しかし、その対応は比較的おとなしいもので、米軍が駐留するイラクの飛行場2カ所への事前通告による攻撃だった。

イランはイスラエルとの関係でも同じアプローチをとっている。ロシアとイランの支援を受けてシリアでバッシャール・アル=アサド政権が存続したことで、イランはイスラエルに攻撃を仕掛ける能力を確保したが、意図的にそれを控えてきた。

イスラエルがシリアのイランの資産を繰り返し標的にしてきたにもかかわらず、である。例えば2018年、イスラエルはシリアで空爆を行い、70のイランの標的を攻撃した。

2020年にも、イスラエルはシリアにあるイランの軍事目標を攻撃するために同様の作戦を実施した。そして今年も、ガザ戦争の前にイスラエルはシリアでイラン軍に対する空爆を行った。これらの行為に対するイランの反応は鈍い。


今年、イスラエルによるシリア空爆で死亡したイスラム革命防衛隊員2名の葬儀に参列する人々。写真 EPA via The Conversation / Abedin Taherkenareh

イランは自らの扇動的なレトリックの人質である。同政権は、欧米とイスラエルを拒絶することで政治的な富を得てきた。パレスチナの大義は、イランの世界観の中心であると喧伝されてきた。

この姿勢はイスラム世界で支持を集めている。そしてイランは、パレスチナ人とその窮状を裏切っているとテヘランが非難するアラブのライバルに対して優位に立つために、恥知らずにもこれを利用している。

しかし、イランの指導者たちは、レッドラインを越えてイスラエル(あるいはアメリカ)と公然と対立することは、体制にとって存亡の危機となりうることを十分に認識している。だからこそイランは一貫して戦争の瀬戸際から手を引き、イデオロギー的な大義名分には役立つが自国の存続を危うくすることのない、代理人を介した低強度の小競り合いを選択してきたのである。

イランがこのような緊迫した爆発的環境の中で、瀬戸際外交を続けられるかどうかは未解決の問題である。イランがヒズボラに命じてイスラエルにミサイルを撃ち込ませることはないだろうが、だからといって、それが偶然、過ちの連鎖、あるいは意図的に起こらないとも限らない。

イランがヒズボラを訓練し、後援しているからといって、テヘランがそのすべてのレバーを完全にコントロールしていると自動的に決めつけることはできない。

シャフラム・アクバルザデは、中東研究フォーラム(MESF)のコンビーナーであり、ディーキン大学アルフレッド・ディーキン市民権・グローバリゼーション研究所副所長(国際担当)である。

asiatimes.com